オールインワンゲルの安い商品って肌によくありませんか?

MENU

オールインワンゲルの安い商品って肌によくありませんか?

オールインワンゲルの安い商品って肌によくありませんか?

オールインワンゲルの安い商品を最近よく見かけるのですが安全かどうか心配です。高い化粧品と安いものって違いはなんですか?

オールインワンゲルは確かにひとつでスキンケアができるのでコスメ代が節約できますが、値段ばかりを意識して選ぶのはあまりオススメではありません。

 

オールインワンゲルは色々な機能性を持っていますので、配合成分も複雑になっているタイプが多くそのため値段は高くなる傾向がありますが、安いタイプだと不足しているものがある可能性があります。

 

たとえば保湿成分が少ないオールインワンゲルだと安いのは魅力ですが、かさつきが気になり結局クリームや化粧水を使うことになりますよ。

高級な化粧品と安いものの本当の違い!騙されないでチェック!

オールインワンゲルの安いものは肌に悪いのか、それともお得なスキンケアになるのか、女性の皆さんはいつも購入するときに迷う点だと思います。オールインワンゲルはこれだけで基礎化粧品すべての機能を持っていますから、使う頻度も量も多くできればコストを抑えて継続使用したいですよね。

 

そこで知っておきたいのが値段が高い化粧品と安い化粧品の違いについて。オールインワンゲルの安い商品より高いほうが絶対に効果があると思っている方、失敗しないためには値段の裏には秘密が隠されていることを覚えておきましょう。

 

では早速ですが値段が高い化粧品と安いものの基礎的な違いについて見ていきたいと思います。
オールインワンゲルの値段の違いは

  • 容器
  • 研究機関
  • 宣伝費
  • 成分の質
  • 機能性の多さ
  • オールインワンゲルの安い商品は選び方次第

以上6つの点について見ていきましょう。

 

ガラス製の容器とプラスチック容器 中身は同じでも値段が違う!

オールインワンゲルの安い商品を探している人は、まず容器をチェックしてみましょう。ガラス製でとても凝った容器を使っている商品は見た目からしてとても高級感がありますよね。

 

でも大切なのは中身。プラスチック製の安い容器を使ったほうが大量生産できますし、製造コストが安いためその分商品の代金も安く流通させることができます。

 

もちろん素敵な容器に入っているほうがなんとなく肌にも良さそうなイメージがありますが、最近では大手メーカーが詰め替えのオールインワンゲルを販売するように、コスト節約に向けて取り組んでいる企業も増えています。

 

なんでこんなに高いの?って思える化粧品って見た目からインパクトがありますので、それに騙されないように値段と中身の質を比較してくださいね。一般的には化粧品の定価の10%が容器代になるといわれていますので、5000円のクリームだと容器は500円前後となるでしょう。

 

メーカーの研究機関によっても値段が変わる

オールインワンゲルをはじめ、化粧品には色々な種類があり研究や調査などあらゆるデータをもとにして製造しています。オールインワンゲルの安いタイプはどうやって商品が作られるのか、心配になる人もいるでしょう。

 

そもそも化粧品の値段に反映されるメーカーの研究費や独自の研究機関は運営するためにコストがかかり、結果的に値段が高い化粧品になってしまいます。

 

しかしオールインワンゲルの安い商品で質が高いタイプのように、データだけを研究機関から取り寄せている場合はかなりのコスト節約なりますので、値段が安くてもしっかりした商品が作れるという流れがあるのです。

 

化粧品は新しい商品が市場に出る前はあらゆる検査機関でチェックを受け、肌への安全性や有効成分の効果などが調べられています。独自の検査機関がなくても第三者機関を使って安心できるオールインワンゲルを製造しているメーカーこそがお買い得かもしれませんね。

 

大手メーカーは広告費にお金がかかりすぎ!

オールインワンゲルの安いタイプは大手の化粧品メーカーからも最近は販売されてますが、無名のメーカーだと使うのが抵抗になるという人もいるでしょう。

 

化粧品メーカーはTVのCM、ネットの広告、雑誌広告などあらゆる媒体を使って宣伝をしています。聞いたことがある名前の商品、有名なメーカーの商品は値段が高いのは当たり前のこと。そう納得してしまうと実は損していることもあるのです。

 

意外と知られていない化粧品業界の広告費と商品の原価の割合ですが、一般的には原価の7%前後といわれています。化粧品の原価は25%前後が多いため、たとえば1000円の商品なら原価は250円になりそのなかにも広告費が含まれています。

 

意外と安い?と思いがちですがほかのジャンルと比較すると化粧品の宣伝広告率ってとても高いのです。例えば大手の自動車メーカーの場合、宣伝費用は1.6%、大手食品メーカーでは2.9%となっていますので、コストカットするためには宣伝費の節約はどうしても避けられないところでしょう。

 

口コミで人気が広がった商品、ネット販売だけに絞ったメーカーなどはとても安く質の良いオールインワンゲルが手に入りますよ。

 

配合成分の浸透性が良いか成分の種類が多いかどうか

オールインワンゲルの安い商品と高いもので違う点は配合成分の質。同じ美容成分が配合されていても、浸透性が悪いと効果が実感できません。効率的なスキンケアをするためには配合成分をどのようにして使うかがメーカーの一番悩むところでしょう。

 

オールインワンゲルの場合は水溶性と油性の成分を一緒にしているため、テクスチャーも独特になっています。毎日のお肌のお手入れで欠かせないのが保湿ケア。コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分はオールインワンゲルの基礎ともいえるでしょう。

 

しかしべたつきやもろもろが出てしまうのでは使いにくく結局普通のスキンケアに戻してしまう人もいますよね。

 

さらに利用者の目的に合わせるには美白成分やアンチエイジング成分、リフトアップ成分など特徴のある美容成分を配合しないといけません。

 

しかし値段が高いから必ずしも肌に合うかといことではなく、大切なのは自分の肌環境に合わせて選ぶこと。配合成分の種類が少なくてもそれが自分の肌に不足しているものなら、正しくスキンケアができることになります。

 

オールインワンゲルの魅力となる機能性の高さはどうか?

オールインワンゲルを選ぶ人のほとんどが、スキンケアの手間を省きたいためで、この点を考えると少しでも機能性が高いほうが使い勝手がいいですよね。

 

ひとつで化粧品、乳液、クリーム3役のオールインワンゲルよりも、さらに美容液、マッサージ、下地などプラスの機能があれば利用者にとってさらにコスメ代の節約につながります。

 

数年前から化粧品業界ではオールインワンゲルの一部をリニューアルしたり、アンチエイジングなどの付加価値をつけるなど、かなり売れ行きが好調な市場となっています。

 

今後も利用者が増える期待がありオールインワンゲルの機能性はひとつで何役こなすかという点よりも、自分の肌に必要な機能を備えていえるかどうか、目的別にこだわりを持ったタイプが注目されるでしょうね。

 

安くても満足できるオールインワンゲルの選び方

オールインワンゲルは通販やドラッグストアなどあちこちで見かける人気アイテム。100円ショップでも販売されていますが、あまりにも安いものは安全性がちょっと心配ですよね。そこで安く購入したい時のコツを以下にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

 

テクスチャー

オールインワンゲルはなかにはべたつきが強く、メイクの下地には不向きなタイプも存在しますので購入する際にはできれば肌チェックをしてテクスチャーが自分の好みに合っているかどうか確認しましょう。

 

使用目的

オールインワンゲルはニキビ対策、保湿、アンチエイジングなど色々な使用目的ごとに商品が開発されています。どんなタイプを使うか、自分の肌トラブルを頭に入れてターゲットを絞り選んでください。

 

添加物の有無

ひとつだけのスキンケアは肌の負担を抑えるためにメリットになりますが、オールインワンゲル自体に刺激となる添加物がたくさん配合されていたら意味がありませんよね。香料、保存料など敏感肌の方は特に注意してチェックしましょう。

 

安く買える方法があるか

オールインワンゲルは通販では定期購入というお得な割引制度がありますので、同じ商品をずっと継続して使いたい時には便利ですよ。10~20%ほど安く購入できますし初回の特典として激安で試せるチャンスもありますので通販をうまく活用することもオススメです。

関連ページ

他の基礎化粧品と併用する場合の使う順番が知りたい
オールインワンゲルを使う順番を考える前に、まずオールインワンゲルには水溶性と油性の成分が含まれていることを理解しましょう。肌に油性の成分がついてから水溶性を塗っても、膜が貼られた状態ですから浸透性が悪くなってしまいますよね。化粧水や乳液などを使う時は最後にオールインワンゲルで仕上げをするとよいでしょう。
年齢肌の夜のお肌のお手入れのコツは?
寝ている間は肌が生まれかわる大切な時間なのは皆さんご存知ですよね。だからこそ夜のスキンケアはとても大切になりますので、とにかく基礎を固めたお手入れをしましょう。手間が面倒に感じる方や敏感肌の夜のお手入れにはオールインワンゲルもとてもメリットになりますので、目的別に選んだものをうまく活用してみましょう。
重曹で洗顔!?おすすめの理由と注意点を解説
重曹洗顔は美肌マニアの間でブームになっていますよね。重曹といえば掃除で使うこともあり肌に悪いイメージを持つ方も多いと思いますが、使い方によってはスキンケアにも効果を発揮してくれます。そもそも重曹は弱アルカリ性なので肌のPHバランスを整えて美肌に整えるメリットがありますし、研磨剤として掃除でも使うように肌のスクラブとして毛穴ケアにも使えます。ただし重曹はスキンケアとして作られているものではありませんので、洗顔料に混ぜて使う場合は週に1~2回程度がオススメです。
肌老化はいつから?肌に起こる年代別の変化とは
肌の老化が始まるのは25代後半といわれていますので知らない間に肌の働きは低下していますよ。30代になると出産などのライスステージでホルモンの働きが変化するなど、このようなタイミングで一気に肌の衰えを実感する場合もあるでしょう。少しでも肌の不調を感じた場合、30代からは老化を意識した対策を行うことが大切です。一晩寝たら肌が回復するなんていうことはもう残念ながらないのです。目立つシワやたるみが起こる前に、今から老化予防を始めたほうがいいですよ。
目の下のクマを消す方法は?家にある意外なものでOK!
クマは加齢とともに目立ち見た目年齢にも影響しますよね。30代後半のクマは顔の血行循環が悪いことが考えられますので、普段のスキンケアにマッサージをプラスするとよいでしょう。また表情筋の働きが低下しはじめる時でもありますので、目の周辺の筋肉を使うようにパッチリ目を開いて閉じるなど運動をすることもオススメです。30代後半からは美白ケアをプラスしてクマを目立たなくすることもアンチエイジングに効果的ですよ。

安いのに人気のオールインワンゲルトップへ


このページの先頭へ