30代に入ってから肌の調子が不安定なのですが、これは老化症状なのでしょうか。

MENU

30代に入ってから肌の調子が不安定なのですが、これは老化症状なのでしょうか。

 

30代になり出産、育児と忙しい日が続いていますが、肌荒れが急におこったり乾燥したりとトラブル続きです。これは老化症状なのでしょうか。

肌の老化が始まるのは25代後半といわれていますので知らない間に肌の働きは低下していますよ。30代になると出産などのライスステージでホルモンの働きが変化するなど、このようなタイミングで一気に肌の衰えを実感する場合もあるでしょう。

 

少しでも肌の不調を感じた場合、30代からは老化を意識した対策を行うことが大切です。一晩寝たら肌が回復するなんていうことはもう残念ながらないのです。目立つシワやたるみが起こる前に、今から老化予防を始めたほうがいいですよ。

肌の変化にはついていけない?!ホルモンと肌の働きの関係

 

朝起きたらなんだか肌の調子が良くない日というのは皆さん体験したことがあるでしょう。たまたま起こる「肌の調子が悪い日」というのは一時的なものに見えますが、乾燥やハリ不足などの症状はじつは目に見えない段階ですでに起こっているのです。

 

アメリカ、ワシントンの皮膚科医、ドクタータンジーによると女性の肌トラブルはホルモンの変化と一緒に起こるといっています。妊娠、出産、更年期という各年齢のステージを迎えることや普段のストレスなど、加齢とともに肌の老化は進んでいるのです。

 

いきなり訪れるように感じる肌の老化ですが、上手にアンチエイジングを進めるためにはどのようなことを想定しておくとよいのか、各年齢層の肌の働きについて詳しくご紹介したいと思います。

 

年代ごとに起こる肌の変化とは

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代

それぞれの肌の特徴とお手入れについてご説明します。

 

20代で起こる肌の変化とお手入れのポイント

 

20代は女性ホルモンのエストロゲンの分泌がピークの年代で、肌はどの年代層よりも一番美しく見えてお手入れもしやすい時です。この年代のホルモンの働きで注意したいのは生理前後に変わる時期で、皮脂腺が活発に働く生理前はとくにニキビ対策を心がけましょう。

 

肌の特徴

20代の肌は皮脂の分泌が多いため、Tゾーンなどの皮脂腺が多い部分がテカりやすい状態です。生理前のニキビがあごや口周辺にできることも多く、正しく大人ニキビをケアしないとクレーターのような跡に残る場合もありますよ。

 

10代の頃にニキビで悩まされなかった人も20代になると、ホルモンの働きで生理周期に合わせてふきでものができやすくなる場合もあるため油断は厳禁です。

 

お手入れのコツ

お肌のお手入れは徐々に20代後半より肌の老化が進み、さらに大人ニキビ対策としても保湿ケアが大切になります。避妊ピルを飲んでホルモンのバランスが悪くなる人もいるかもしれませんので、どうしても肌の状態が安定しない場合は皮膚科医と相談してアドバイスしてもらうとよいでしょう。

 

大人ニキビ用の化粧品が色々販売されていますので、皮脂コントロールが難しい人はニキビケアを重視したスキンケア商品を使って効率良くお手入れしてください。。

 

30代で起こる肌の変化とお手入れのポイント

 

30代になるとエストロゲンの分泌量が減少するので肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンの生成量にも影響を与えてしまいます。肌のターンオーバーに時間がかかるようになり、バリア機能も低下するため外部の刺激に弱くなることもあるでしょう。

 

30代は大人ニキビで悩まされる人もまだ多く、20代とは異なり、肌の乾燥による皮脂バランスの悪さが原因となってしまいます。

 

肌の特徴

30代の肌は20代よりも乾燥しやすくなり、皮膚の厚さも薄くなり始めます。そのため目尻や額などのシワができやすくなり、とくに皮膚が薄い目尻は水分保持力が少ないので、30代はちりめんジワのような細かいものが最初に目立ち始めます。

 

お手入れのコツ

30代になると出産や子育てでスキンケアにゆっくり時間をかけられない人が急増しますので、アンチエイジングをじっくりやりたい時期ではありますが、どうしても肌に不足するものが出てきてしまいます。

 

そんな30代にオススメなのがオールインワンゲルで、ワンステップのスキンケアで30代に必要な保湿やアンチエイジングがすべてサポートできる点が魅力です。

 

オールインワンゲルは洗面所などのメイクをするエリアをすっきりさせる効果もありますので、小さい子供の遊び道具にならないように管理しやすい点も魅力ですね。

 

30代のスキンケアで注意したいのは夜のお手入れです。レチノールやビタミンAは皮膚を丈夫にする働きがあり、肌の弾力をつくるコラーゲンの生成をサポートしてくれますよ。ちりめんジワなどシワの初期段階で正しくお手入れができるため、見た目年齢をそのまま維持しやすくできるのです。

 

40代で起こる肌の変化とお手入れのポイント

 

40代になるとエストロゲンの分泌量はかなり減りはじめ、50代直前になると更年期障害の症状を感じる人も徐々にでてくる年代です。肌のハリがなくなり乾燥しやすい状態が続き、表情筋の量が減りだし顔の骨格が違って見える人も増えてきます。とくに目の周辺はくぼみが目立ち影が増えてクマがあるようにみえたり、暗い表情に見えることもあるでしょう。

 

肌の特徴

40代の肌はくすみ、ハリ不足、乾燥、目立つシワ、シミなどが増えてきます。たった一晩でいきなり肌が老化したような経験をする人もなかにはいるでしょう。大げさに感じているだけ?と思うのは大きな間違いで40代になると実際に一晩でいきなり肌のハリを失うことなどは起こり得るのです。

 

それほど老化スピードが速くなる年代でとくに弾力不足によるほうれい線、シワ、たるみはもっとも多い肌の悩みとなります。

 

お手入れのコツ

40代は30代から引き続き、普段家事や仕事が忙しくてゆっくりスキンケアができない人も多いですよね。オールインワンゲルは40代の主婦層にも大変評判良く、簡単にできる質の高いスキンケアに欠かせないアイテムになっています。

 

オールインワンゲルは人気がある商品ランキングを参考にして自分の肌環境に合うタイプを選んで使いましょう。

 

40代から注意したいスキンケアのコツはホルモンの変化による肌のトラブル対策で、コラーゲンやエラスチンの生成を増やすために生理前などはエストロゲンに働きかける食生活も意識してください。

 

生理前になると肌の働きが一気に低下して老化が急速に進んでしまう原因になりますので、乾燥対策は絶対に手を抜かずに続けてください。40代の肌とホルモン分泌を安定させるためには食物繊維が多い穀物類、野菜、水分補給、そして運動や睡眠を十分に取ることも忘れないでくださいね。

 

オールインワンゲルでお手入れする際は日焼け止めを使うことやアイクリームなど、ポイントケアもプラスするとよいでしょう。また年齢がでやすい首や胸なども保湿をしっかりやってくださいね。

 

50代で起こる肌の変化とお手入れのポイント

肌老化はいつから?肌に起こる年代別の変化とは

 

50代になると更年期障害がいよいよ始まり、とくに51~52歳ぐらいの年齢はスキンケアにも要注意です。女性ホルモンのエストロゲンは更年期の間にピーク時代の半分以下に減ってしまいます。

 

コラーゲンも更年期が始まったはじめの年に1/3の量を失うといわれています。バリア機能が低下してもっとも外部の刺激を受けやすい状態になるのが50代なので、デリケートにスキンケアをすることが大切ですね。紫外線、公害、雑菌などから肌を守り老化スピードを遅らせるお手入れを意識しましょう。

 

肌の特徴

50代の肌は皮膚が薄くなり保水力もさらに低下するため乾燥による肌トラブルが多くなります。エストロゲンが減少すると肌の水分は長時間キープできないため、とにかく保湿が50代のメイン。

 

しかし水分を失う原因になる紫外線や刺激の強いスキンケア商品などにより、さらに肌がダメージを受けやすくなっていることが特徴です。50代は肌の炎症を起こしやすい年代なので頬の赤みが目立つ人もいるでしょう。日中は刺激から肌を守るケアをして、アンチエイジングは寝ている間に効率良く行うことがコツになります。

 

お手入れのコツ

オールインワンゲルは50代のデリケートな肌にとてもメリットが多く、肌の摩擦を減らして保湿ができるのでオススメです。コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミドなど浸透性が良い美容成分を使ったオールインワンゲルで簡単なお手入れを続け、さらに生活習慣でもアンチエイジングを意識してください。

 

食生活では抗酸化作用の高いビタミンEを積極的に摂取したり禁煙や飲酒量を減らすことも大切。また外出時の紫外線予防も忘れずに行い、できるだけ日焼けしないように日差しが強いところは避けてくださいね。

 

どうしても肌のたるみやシワ、シミが気になる人は美容クリニックでレーザー治療を受けることもアンチエイジングのひとつ。コストや肌のダメージなど注意すべき点もありますので、まずは病院でカウンセリングを受けてみましょう。

関連ページ

安い製品の安全性が気になる
オールインワンゲルは確かにひとつでスキンケアができるのでコスメ代が節約できますが、値段ばかりを意識して選ぶのはあまりオススメではありません。オールインワンゲルは色々な機能性を持っていますので、配合成分も複雑になっているタイプが多くそのため値段は高くなる傾向がありますが、安いタイプだと不足しているものがある可能性があります。
他の基礎化粧品と併用する場合の使う順番が知りたい
オールインワンゲルを使う順番を考える前に、まずオールインワンゲルには水溶性と油性の成分が含まれていることを理解しましょう。肌に油性の成分がついてから水溶性を塗っても、膜が貼られた状態ですから浸透性が悪くなってしまいますよね。化粧水や乳液などを使う時は最後にオールインワンゲルで仕上げをするとよいでしょう。
年齢肌の夜のお肌のお手入れのコツは?
寝ている間は肌が生まれかわる大切な時間なのは皆さんご存知ですよね。だからこそ夜のスキンケアはとても大切になりますので、とにかく基礎を固めたお手入れをしましょう。手間が面倒に感じる方や敏感肌の夜のお手入れにはオールインワンゲルもとてもメリットになりますので、目的別に選んだものをうまく活用してみましょう。
重曹で洗顔!?おすすめの理由と注意点を解説
重曹洗顔は美肌マニアの間でブームになっていますよね。重曹といえば掃除で使うこともあり肌に悪いイメージを持つ方も多いと思いますが、使い方によってはスキンケアにも効果を発揮してくれます。そもそも重曹は弱アルカリ性なので肌のPHバランスを整えて美肌に整えるメリットがありますし、研磨剤として掃除でも使うように肌のスクラブとして毛穴ケアにも使えます。ただし重曹はスキンケアとして作られているものではありませんので、洗顔料に混ぜて使う場合は週に1~2回程度がオススメです。
目の下のクマを消す方法は?家にある意外なものでOK!
クマは加齢とともに目立ち見た目年齢にも影響しますよね。30代後半のクマは顔の血行循環が悪いことが考えられますので、普段のスキンケアにマッサージをプラスするとよいでしょう。また表情筋の働きが低下しはじめる時でもありますので、目の周辺の筋肉を使うようにパッチリ目を開いて閉じるなど運動をすることもオススメです。30代後半からは美白ケアをプラスしてクマを目立たなくすることもアンチエイジングに効果的ですよ。

安いのに人気のオールインワンゲルトップへ


このページの先頭へ