美肌になりたいので年齢肌の夜のお肌のお手入れのコツを教えてください。

MENU

美肌になりたいので年齢肌の夜のお肌のお手入れのコツを教えてください。

最近朝起きた時の肌がハリがなく年齢を感じるようになりました。美肌になるための夜のお手入れのコツがあったら教えてください。

寝ている間は肌が生まれかわる大切な時間なのは皆さんご存知ですよね。だからこそ夜のスキンケアはとても大切になりますので、とにかく基礎を固めたお手入れをしましょう。洗顔とクレンジングで汚れを落とした後は化粧水で保湿。

 

そして気になる肌のトラブルに合わせて保湿や美白、アンチエイジングなどに特化した化粧品をプラスしてください。手間が面倒に感じる方や敏感肌の夜のお手入れにはオールインワンゲルもとてもメリットになりますので、目的別に選んだものをうまく活用してみましょう。

オールインワンゲルの効果を引き出す夜のスキンケアのコツ

 

寝る前は鏡の前にしばらく座ったまま、あれこれお肌をお手入れしている人もいると思いますが、夜のスキンケアは基礎的なお手入れにプラスして肌の悩みを改善するチャンス。とくに年齢肌はターンオーバーを活性化するために、寝ている間の肌の働きはフルに活用したいですよね。

 

でもお手入れ方法を間違ってしまったり、不足したまま寝てしまうと朝の肌が期待しようにはなりません。そこでどんなお手入れのコツがあるのか、夜寝る前のスキンケアについて詳しくご紹介したいと思います。とくにオールインワンゲルを使用している方は夜こそ効果を引き出すチャンスになりますよ。

 

夜のスキンケアのコツは

  • クレンジングをする
  • 泡洗顔
  • 保湿ケア
  • 枕カバー
  • アイクリーム
  • 枕の高さ
  • 質の高い睡眠をとる

以上7つの点をみていきましょう。

 

クレジングでメイクの汚れをしっかり取り除く

メイクをしたまま寝るのは肌一番負担になることです。クレンジングは毛穴のなかに詰まったファンデーションや汚れを取るために行う最初のステップ。肌を清潔にするだけでなく、汚れを取り除いておけば化粧品の有効成分がしっかり浸透しやすくなるメリットがあります。

 

顔はそもそも一日中外気にさらされていますので、皮膚の中でも一番汚れやすい部分です。雑菌などがつくとふきでものやニキビ原因にもなりますし、肌のくすみが悪化することもあるでしょう。

 

肌本来の再生力を最大限に引き出すためには、化粧品の成分をいかに浸透させるかがコツ。一番最初のステップとなるクレジングは夜のスキンケアを左右するほど大切な役割を持っているのです。

 

どれほど疲れていても軽く洗顔するだけでは肌の汚れが取れませんよ。面倒でも頑張ってクレンジングから始める価値はありますし、朝起きてがっかりするような目覚め方をしたくない人は、クレンジングのステップは絶対に省かないでくださいね。

 

泡洗顔で肌の余分な皮脂と汚れを取り除く

オールインワンゲルの安い商品があちこちで人気になっていますが、期待したほど効果がない場合も少なくありませんよね。本来ならひとつだけで化粧水も乳液など何役もこなす機能的な化粧品です。効き目を最大限に発揮するためには肌の汚れをしっかり取っておかないと成分が角質層の奥まで届かないのです。

 

クレンジングの次は洗顔料を使ってしっかり汚れを落としましょう。年齢が気になる肌は角質層の表面が大変デリケートになっていますので、摩擦しないように泡洗顔をオススメします。洗顔料は洗浄力よりも保湿効果が高いものでできれば無添加など刺激が少ないタイプを選んでくださいね。

 

また夜のスキンケアを始める時間ですが、人によっては寝る直前までなにもせずに待っていることがありますよね。これでは肌の汚れなどが付いたままでさらに負担がかかる要因です。また時間が遅くなるほどスキンケアの手間が面倒に感じますので、理想としては夜7~8時頃までには夜のお手入れは済ませておきましょう。 

 

夜の保湿ケアは必ずやること

洗顔だけでは夜のお手入れは十分ではありません。たとえ保湿成分が配合されている化粧水を使ったとしても、水分だけを補うのは肌の乾燥を招く原因です。寝ている間は肌からどんどん水分が蒸発していますし、室温や湿度によっても肌の乾燥が進むことがありますよね。

 

保湿ケアは絶対に欠かさないことが夜のスキンケアのコツになります。油分を肌につけると肌が呼吸できないと勘違いする人もいるようですが、保湿クリームや保湿成分は水分を閉じ込めるためのもの。朝起きて肌の弾力が感じられないのは、寝ている間に角質層の水分が逃げてしまいハリ不足になっているサインなのです。

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの美肌成分は寝ている間こそたっぷり肌に補いたいものですよね。成分の種類だけでなくこだわりたい部分は浸透性です。化粧水で肌を整えた後は必ず保湿クリームでしっかり水分バランスを整えてください。油成分の膜を貼り、寝ている間の皮脂コントロールにもメリットですよ。保湿ケアには以下のようなアイテムがオススメです。

保湿ケアにおすすめのアイテム

  • 乳液
  • クリーム
  • しっとりタイプの化粧水
  • オールインワンゲル

パフォーマンス力の高い有効成分を補うこと

夜はどんな化粧品も使い方によってはかなりの効果が期待できます。さらに有効成分が含まれたタイプなら、目的に合わせてトラブル改善にもなるでしょう。たとえば日中に使うSPFの高い日焼け止めのように、目的がはっきりした化粧品を使うことが夜の肌には大切です。

 

肌細胞の修復をする成分、レチノール、ビタミンC誘導体、成長因子成分など、肌を健康に維持するためにも夜のスキンケアはとても重要なのです。シワやシミ、たるみなど年齢肌の悩みは人それぞれですよね。

 

オールインワンゲルだけでお手入れする場合は、肌トラブルに一番合ったタイプを選びさらにパフォーマンス力が高い有効成分の有無をチェックしておきましょう。

 

オールインワンゲルは機能的なことが魅力ですが、どれを使っても自分の肌環境が改善されるとは限りません。有効成分の種類や含有量が美肌ケアのコツになりますよ。

 

枕カバーをこまめに取り換える

意外と夜の肌に負担を与えているのが「枕カバー」。枕カバーを毎日交換する人はきっと少ないと思いますが、顔をぴったりつけているため、皮脂や汚れ、菌が繁殖しやすくなっています。また髪の毛につけたヘアケア商品の薬品が枕カバーについたままだと肌に刺激となり、ニキビなどのトラブル原因にもなるでしょう。

 

枕カバーに付着しているバクテリアは夜に再び活動を開始しています。菌の対策をするためには常に枕カバーを清潔にしておくこと、もしくは枕にタオルをかけるなど肌が密着する面はなるべく綺麗に維持してくださいね。

 

夜寝ている間はなんども寝返りを打ち、肌を無為意識の間に枕カバーにこすりつけています。せっかく肌につけた化粧水やクリームもここで剥がれてしまったら意味がありませんよね。

 

そのためにも夜のスキンケアは有効成分が肌に浸透できるように早めに済ませておくと安心です。化粧水をつけてすぐ寝てしまったらタオルで顔をふき取っているようなものですよ。

 

洗顔用のスポンジや柔らかいタオルを使う

洗顔の時のコツとして洗顔ブラシやスポンジを使うと古い角質がはがれやすくなりますので、くすみやシミ対策にメリットになります。注意したいのは硬い毛のフェイスブラシでごしごしこすると肌に傷が残り、バリア機能が破壊されてしまいます。

 

洗顔専用のスポンジや赤ちゃん用のタオルなど肌に優しいアイテムを使って洗顔をしてください。手のひらでこするだけでは取れないメイクの汚れなどもありますし、毛穴の奥からしっかり綺麗にするためにはブラシやスポンジはとても効果がありますよ。

 

毎日使うと負担になりますので肌の状態を確認しながら適度にプラスしてくださいね。そして洗顔ブラシやスポンジは清潔にしておかないと菌が逆に肌に移ってしまう要因です。

 

毎回使用後は綺麗に洗ってしっかり乾燥させておきましょう。たまには天日干しするのもいいですよ。敏感肌の人は刺激にならないよう安全な素材を選び、力を入れずに優しくこすってくださいね。

 

アイクリームをつける部位に注意しよう

目尻のシワ、たるみ、くま、などは朝起きた時に一番最初に気が付く部分です。寝ている間は美容成分が効果を発揮しやすい状態ですから、目の周辺をお手入れしておくととても効率的なスキンケアができますよ。

 

目尻のエリアは皮膚がとても薄く寝ている間に水分が蒸発してしまいます。乾燥が進むと皮膚が硬化してシワの原因になりますので夜のアイクリームは必須アイテムともいえるでしょうね。

 

アイクリームをつける時は目のギリギリの位置だと目のなかに成分が入ってしまう可能性があります。瞬きするたびにまつ毛にクリームがついて目の中に入ってしまいますので、刺激を防ぐためにはクリームのつけすぎや目のきわにつけないように注意してください。

 

朝起きてクマが目立つ時や目が腫れぼったい場合はアイクリームによる刺激かもしれませんよ。なるべく目の中に入らないように薄く延ばしてつけるか、叩くようにしてクリームをしっかり浸透させておきましょう。

 

枕の高さを調整してむくみを予防する

朝起きた時に顔のむくみが目立つと、メイクでもうまくごまかせませんよね。原因として考えられるのは枕の高さで、頭の位置が低くなっているとリンパの流れが悪くなり余分な老廃物が溜まってしまいます。枕を高くしすぎると首や肩に負担がかかりますので、適度に快適な高さを意識しください。

 

特に目の周辺のむくみはとても目立ちますので、枕の位置を少し高くするだけでも朝の肌がなんとなくピンと張ったように感じることもあるでしょう。

 

ぐっすり寝ることは化粧品の効果を引き出す最大の秘訣

どんなに高級なクリームを使っても、睡眠不足だと化粧品の働きは実感できません。睡眠中は肌にとって色々なメリットがありますので、質の高い眠りこそが美肌ケアの土台になりますよ。

 

たとえば目のクマですが、年齢肌は毎日の肌の状態が異なりクマがとても目立つ日がありますよね。アイクリームを使っているのに全く効き目がでないなんて時は睡眠時間が不足しているサインです。

 

目は寝ている間は瞼が閉じられ、眼球の動きが日中よりも少なくなっています。さらに睡眠不足になると血液の流れが悪く、目の下が腫れたように見えることもあるでしょう。

 

睡眠時間は肌細胞を活発にするだけでなく、ストレス解消、疲労回復などあらゆる角度から美肌にメリットをもたらしてくれます。早寝早起きは健康と美容のために欠かせませんよね。

 

夜のスキンケアをしっかり行ったらあとはぐっすり寝るだけ。すっきり目が覚める朝は肌のハリや輝きもよく、化粧品の効果を実感できます。オールインワンゲルなら夜のお手入れが簡単で、しかも目的別に選べるので寝ている間の美肌に理想的なアプローチができるアイテムです。

関連ページ

安い製品の安全性が気になる
オールインワンゲルは確かにひとつでスキンケアができるのでコスメ代が節約できますが、値段ばかりを意識して選ぶのはあまりオススメではありません。オールインワンゲルは色々な機能性を持っていますので、配合成分も複雑になっているタイプが多くそのため値段は高くなる傾向がありますが、安いタイプだと不足しているものがある可能性があります。
他の基礎化粧品と併用する場合の使う順番が知りたい
オールインワンゲルを使う順番を考える前に、まずオールインワンゲルには水溶性と油性の成分が含まれていることを理解しましょう。肌に油性の成分がついてから水溶性を塗っても、膜が貼られた状態ですから浸透性が悪くなってしまいますよね。化粧水や乳液などを使う時は最後にオールインワンゲルで仕上げをするとよいでしょう。
重曹で洗顔!?おすすめの理由と注意点を解説
重曹洗顔は美肌マニアの間でブームになっていますよね。重曹といえば掃除で使うこともあり肌に悪いイメージを持つ方も多いと思いますが、使い方によってはスキンケアにも効果を発揮してくれます。そもそも重曹は弱アルカリ性なので肌のPHバランスを整えて美肌に整えるメリットがありますし、研磨剤として掃除でも使うように肌のスクラブとして毛穴ケアにも使えます。ただし重曹はスキンケアとして作られているものではありませんので、洗顔料に混ぜて使う場合は週に1~2回程度がオススメです。
肌老化はいつから?肌に起こる年代別の変化とは
肌の老化が始まるのは25代後半といわれていますので知らない間に肌の働きは低下していますよ。30代になると出産などのライスステージでホルモンの働きが変化するなど、このようなタイミングで一気に肌の衰えを実感する場合もあるでしょう。少しでも肌の不調を感じた場合、30代からは老化を意識した対策を行うことが大切です。一晩寝たら肌が回復するなんていうことはもう残念ながらないのです。目立つシワやたるみが起こる前に、今から老化予防を始めたほうがいいですよ。
目の下のクマを消す方法は?家にある意外なものでOK!
クマは加齢とともに目立ち見た目年齢にも影響しますよね。30代後半のクマは顔の血行循環が悪いことが考えられますので、普段のスキンケアにマッサージをプラスするとよいでしょう。また表情筋の働きが低下しはじめる時でもありますので、目の周辺の筋肉を使うようにパッチリ目を開いて閉じるなど運動をすることもオススメです。30代後半からは美白ケアをプラスしてクマを目立たなくすることもアンチエイジングに効果的ですよ。

安いのに人気のオールインワンゲルトップへ


このページの先頭へ